最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    行方調査ってどんなことをするのでしょう

    行方調査は、実際にはどのような調査方法が用いられているのでしょうか。個人では難しい範囲まで捜査するために、色々な方法で調査が行われています。依頼人から可能な限り情報を聞き出したり、インターネットを使って情報を集めるだけでなく、聞き込み調査や張り込み調査等も行って調べます。情報を分析して今までの調査実績と照らし合わせることで、失踪原因に合わせた行動パターンや居場所に目安つけることが可能です。特に探偵が持っている独自のネットワークは、失踪者の居場所を特定するのに役立ちます。居場所を見つけた後も、対象者に逃げられないような尾行や協力者の有無の確認等、探偵の技術が求められる調査が行われます。車での張り込みであれば、日によって車種や車の色を変えるといった工夫もします。

    行方調査の具体的な方法について

    何かの理由で人がいなくなってしまい、警察の協力が期待できそうにない場合、行方調査と呼ばれる探偵の調査を依頼することがあります。探偵独自の情報網や道具を使って調査が行われるようですが、具体的にはどんなことが行われているのでしょうか。実際の調査内容としては、はじめに依頼人から行方が分からなくなった対象者の情報を引き出すことです。氏名や年齢はもちろん、友達関係やSNS上で使っている名前等も大切な情報となります。また、自然が好きなのか人がたくさんいる場所が好きなのかといった趣向も、調査範囲を決めるための必要な情報の一つです。いなくなった理由が分かっているのであれば、どんな行動パターンになりそうか、今までの調査結果から予測することも可能です。対象者の部屋を見て、メモ帳等から痕跡が発見できることもあります。

    行方調査で行われる聞き込みや張り込みとは

    探偵は依頼人から情報を受け取った後は、その情報の分析とインターネットを通して把握できそうな情報を集めます。対象者にゆかりのある土地であったり、良く利用するお店等は張り込みをする場所となります。探偵同士で情報を交換し、対象者がいそうな場所を特定できることもあるようです。ある程度の情報が出そろったら、捜査する場所を決めて聞き込み等も行います。車で移動している可能性が高いことが分かれば、レンタカーの会社に協力を求めたりといった作業をします。居場所が分かれば、対象者をかくまっている人がいるか判断するために電気メーターのまわる速度を確認したり尾行を行います。尾行は、相手にばれないような距離感や見失わないために技術が求められ、探偵の実力を見せる部分と言えます。