ホーム » 行方調査は実際どこまでしてもらえるのか

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    行方調査は実際どこまでしてもらえるのか

    行方調査を依頼する場所としては、探偵事務所や興信所などを頼って利用する方法があります。彼らに依頼したらどうなるのか、そしてどこまで探してくれるのかについて触れてみました。彼らが使っている方法は、一般的な調査方法が多いので、もしかすると個人でも可能なやり方かもしれないです。見つかった人と依頼人が泣いて喜び合う場面もありますが、探した相手の幸せを壊さずに見守るだけの場合もあります。幸せな結果につながるのなら、捜索した側も嬉しいですが、毎回そうとは限らないのが行方調査の仕事の辛さでもあります。行方調査をした結果、すでに亡くなられている場合もあるため、見つかった時の結果が必ずしも幸福とは限らないようです。ただ、墓の中では見つけてくれて有難うとお礼をしていることでしょう。

    生き別れた家族の行方調査をする場合

    生き別れた家族の行方調査は、依頼主から最後に別れた時期について聞くことから始めます。時代によっては交通が不便な場合もあるので、地域にそのまま生活をしている可能性があります。また、依頼主の年齢が50代の場合は、両親は80代近いと考えられます。なので、周囲に設置されている老人ホームに問合せるのも一つの手です。別れた地域を捜索する手段は、住んでいる人から話を聞いて回ることです。田舎の人は昔話が好きなので、事情を説明すると喜んで話してくれやすいです。ただ、その結果としてすでに家族が亡くなられている場合もあるので、お墓の場所を聞き出します。そして、お墓の情報を依頼人に伝えれば終了です。老人ホームに両親がいると判明した時は、依頼人と共にそこへ訪れます。面会させてお互い認識できればそこで依頼終了となります。

    昔の交際相手の行方調査を希望する時

    行方調査をする方法は、依頼主から相手の情報を出来る限り聞き出します。そして、働いていたと思われる場所の周辺で聞き込みをします。引越しをして移動した場合は、結婚をしたと見ていいです。移動先で行方調査の相手を見つけたら、依頼人に報告をして見つけた場所へと直接来てもらいます。ただ、昔の交際相手の行方調査は時間が経ちすぎていると、交際していたことを隠したくなる状況になっている可能性が高いです。結婚をしていて子供がいる場合は隠したくなるはずなので、調査をする側も接触は控えて遠くから依頼人に見てもらうだけにします。その時に役立つのは小さい双眼鏡なので、それを利用して行方調査の相手を見てもらいます。調査の内容に納得してもらえたら、調査の仕事はこれで終了です。