行方調査にかかる費用はどれくらいなのか

行方調査は民間の探偵事務所に依頼するため、当然ですが費用が発生します。調査内容や期間によって金額が大きく異なるので、事前に良く確認しておくと良いでしょう。調査のために必要な人員や、聞き込みや張り込みにかかる時間、移動する […]

行方調査は民間の探偵事務所に依頼するため、当然ですが費用が発生します。調査内容や期間によって金額が大きく異なるので、事前に良く確認しておくと良いでしょう。調査のために必要な人員や、聞き込みや張り込みにかかる時間、移動するための交通費等を踏まえると行方調査にはかなりのコストが必要です。調査期間が長くなるほど費用も膨らんでいきます。失踪者の安全を確認するという点でも、なるべく早く調査が終わることが望ましいでしょう。行方不明の原因には、異性関係や人間関係のストレス、認知症等様々な理由があります。犯罪が関わっていたり、失踪者が故意に居場所が特定されることを阻んでいるケースでは、調査に時間がかかってしまう傾向がみられます。早期発見に繋げるためにも、情報の整理と確認が大切となります。

行方調査を依頼して支払う費用の相場

警察に介入してもらえないケースの行方不明者を探し出したい場合、探偵事務所に行方調査をしてもらう方法があります。探偵事務所は何度も利用するような性質ではないので、依頼をするにあたってどれくらい費用がかかるのかイメージがしづらい所です。行方調査に必要とされる費用の相場は、60万円程と言われていて、簡単な調査であっても約30万円はかかると考えておいたほうが良いでしょう。これだけの費用がかかる理由としては、調査を行うための人件費や必要になる機材のコストが大きいことが挙げられます。張り込みをする場合だと、何日もかけて待機時間が必要であったり、車が必要であればレンタル代などが発生します。調査期間や内容によってさらに高い料金になる可能性もあるので、依頼する前はその点を心得ておきましょう。

行方調査の期間を短くするためには

人を探し出すためとはいえ、行方調査にはそれなりの費用が発生します。調査期間が長くなるほど、当然コストも高くなっていきます。行方調査が長くなってしまうケースとしては、失踪した対象者がその人の意志で追跡を防ぐために様々な工作をしている場合です。計画性が高いものほど、対象者の居場所を特定するまでにかかる期間は長くなる傾向にあります。トラブルに巻き込まれている場合や、浮気が原因の場合、遺書が残されているケースだと調査が難航することが多いようです。失踪した理由が犯罪等の緊急性を求められる性質であった場合は、いかに調査期間を短くし対象者の居場所を見つけるかということが重要となってきます。行方調査に長けている探偵事務所を選び、事前に失踪者の情報をまとめておくと良いでしょう。